GoogleMapsAPIのキー登録の効果

ネットサービスが多く提供されている中で、便利であるのがデジタルの地図です。
地図は、行き先を参照するだけでなく、各地域の情報を知るのにも大変便利です。



ショップやグルメ情報を知る手掛かりにも、地図データが活かせます。
ネットでの地図サービスの開発に便利なGoogleMapsAPIは、今や多くのネットサービスで利用されています。



このAPIを使った開発手法を知っておくと、アイデアを閃いたときすぐ形にできます。


GoogleMapsAPIの利用では、APIキーの登録の方法を知っておくと役立ちます。



かつてGoogleMapsAPIの利用では、APIキーの登録は必須でした。

その後バージョンアップと共に、事情は変わっています。

それでも、データの参照数を確認できるなどのメリットがあるため、APIキーを取得することに意味はあります。GoogleMapsAPIのユーザーページにログインし、GoogleMapsを設置するサイトのアドレスを入力します。

するとAPIキーが発行されます。さらに発行されたAPIキーを、GoogleMapsを設置するサイトのスクリプトに記述しておきます。

すると、APIキーが機能し、アクセス数などを知るための情報が得られます。

GoogleMapsAPIを使ってネットサービスを開発するなら、APIキーの登録方法は知って損のない情報です。


いざ必要な時に改めて調べなおすよりも、理解した方が対処が早いです。